頭皮 かゆみ

頭皮のかゆみは、抜け毛の危険信号

頭皮 かゆみ

 あなたはヘアサロンや理髪店でシャンプーをしてもらっているとき、「かゆいところはありませんか?」と聞かれて、どう返事していますか

ほとんどの人が、「ありません」と答えているのではないでしょうか?
 多くの人にとって、「頭皮のかゆみ」はたいした問題ではないのです。だから、少々かゆみがあっても人に伝えないし、特に問題だとも思わないのでしょう。もし今度、ヘアサロンで「かゆいところはありませんか?」と聞かれたらちょっと恥ずかしいかもしれませんが、具体的に伝えてみましょう。

 

 かゆみの原因の多くは、シャンプーやトリートメントのあとのすすぎ残しなど、頭皮への誤った手入れによるものです。
 かゆいと思ったあとで、少し時間が経てばかゆみがおさまるという場合もありますが、そんなときも、原因がなくなったわけではありません。ほおっておくと、炎症を引き起こしたり、フケ症や抜け毛に発展し、やがては薄毛を引き起こすようにもなります。
 また、頭皮は敏感に健康状態が現れる場所なので、内臓疾患の警告サインを出す場合があり、そんなときは、通常ではありえない頭皮の色になるそうです。

 

かゆみのサインを見逃さないで!

 

 日頃、食べ過ぎや飲み過ぎが続いたりすると、腹痛を引き起こします。腹痛はいきなりやってきて、発熱を併発したり、ひどい場合は脱水状態になったりもします。
 しかし、頭皮の炎症やフケ症といった皮膚の病気は、いきなりやってはきません。注意喚起のようなサインを出してくれます。
 それが、「頭皮のかゆみ」です。なので、頭皮がかゆいと思ったときは、頭皮ケアを見直す絶好のチャンスなのです。

 

 正しい髪の洗い方、ヘアケアの方法をみにつけて、あなたを悩ませるかゆみとお別れしましょう!
 痒みによる抜け毛や髪の健康が損なわれ、髪が細くなっている方はこちらを御覧ください。
 髪を太くする方法

 

 

 

このサイトは頭皮のかゆみの原因であるシャンプーやトリートメントといったヘアケアの方法を見直すことで、健康な頭皮を取り戻す情報を提供しています。朝にシャンプーする、シャンプーの時間が短い、すすぎの時間が短い、トリートメント剤の使いすぎ、整髪料の使いすぎや洗い残し、地肌を強めに洗いすぎている、頭皮ブラシの使用、十分に乾かさないなどが頭皮のかゆみの原因です。
かゆみにともなって抜け毛が出た場合は、抜け毛本数は100本以上を超えない場合は気にする必要はありません。つむじ薄い、生え際薄いと気にするとストレスが原因でかゆみのもとになります。